SSブログ

「犬部!」 [映画]

午後、品川に映画を観に行った。実在している青森県十和田市の獣医学部を舞台にした「犬部!」。獣医学部で学ぶ学生の有志が犬の保護を目的に犬部というサークルを発足させる。中心になった花井は1匹たりとも犬や猫たちを不幸にさせないという決意で、取り組む。十数年後、東京で動物病院を開いている花井は保護犬や保護猫の避妊手術をボランティアで引き受けている。ある時、十和田市の女性からペットショップの犬たちがオーナーの怠慢で大変なことになっていると頼まれ、学生時代を過ごした地に赴く。そこで、犬部時代の仲間に再会する。

犬部時代のエピソードと現在が交互に描かれている。動物保護センターやペット業者の問題などを通して、ペットブームに隠れた闇がさらけ出される。保護センターで、何日か経って引き取り手がいない場合は殺処分になるのだが、ガス室に送られるシーンにはぞっとした。アウシュヴィッツを想起してしてしまった。

マンションはペット禁止なので飼えないが、犬か猫がいたらいいなと思うことが多々ある。連れ合いと話すより、よほど情が通じそうなので。


a.jpg
友達から桃が届いた。オリンピックのソフトボール試合で福島に滞在したアメリカチームの監督が福島の桃が美味しくて6個食べたと語っていたが、お世辞ではあるまい。日本の桃を食べたら、外国人はだれでもその美味しさに感激するはずだ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。