SSブログ

ギンナンの始末を終える [暮らし]

曇天の一日で、夕方から雨が降りだす。真夏日だった昨日とはうって変って、涼しかった。朝、洗足池まで歩いたが、長袖のシャツにすればよかったと思ったほど。

先だって洗足池で拾ったギンナンの始末を終えた。拾った日に外側の臭い部分から殻付きの実を取り出し、よくよく洗ってから2-3日干した実を料理にすぐ使える状態にして、冷凍した。殻を割って中の実を取り出すのは連れ合いの役目。ペンチで割れ目を入れてから、手で割って取り出す。ペンチで強く挟むと実が潰れてしまうので加減が難しい。毎年秋の恒例作業で覚えていたらしく、今年もちゃんとやってくれた。

いっぺんにたくさんやると飽きるので、毎日25粒にした。私はそのあと、薄皮付きの実をお湯を沸かした鍋に入れ、弱火の状態でおたまでかき混ぜる。すると、薄皮が簡単にはがれる。それをラップして、フリーザーバッグに入れ、冷凍保存。6包みできたから、150個分。小粒でも会津料理のこづゆや中華風炒め物には重宝する。


1.jpg
薄皮がついた状態。

2.jpg
お湯の中で薄皮をはがし、乾かしてからラップで包んで冷凍。

3.jpg
1回分を冷凍にしないで、鶏肉・ピーマン・キクラゲのオイスターソース炒めに入れた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

pecotyan

銀杏、丁寧に処理されお料理に重宝しますね。
ペンチで殻に割れ目を入れるのは本当に加減が難しいのにご主人、すごいですね!
お二人の光景が目に浮かび微笑ましく感じました。  
薬が効いているようでcliftonさんも穏やかに日々が送れて何よりです。

こちらはこれから稲刈りの時期で田んぼは賑やかになって来ます。私はこの時期だけきゅうりの収穫を頼まれ行きだしました。朝の一汗は良い運動になり帰ってきてシャワーを浴びた後のさっぱり感は心地よいです。cliftonさんも頑張ってますね!
by pecotyan (2021-09-15 18:30) 

clifton

今年はすべて私がやらないとダメかなと思っていたのですが、
ちゃんとできたので、ひと手間省けたなとホッとしました。
殻をむくのが一番面倒ですよね。

貼り薬は1枚を半分に切って使っています。それでも大丈夫です。
身体のほうは衰えてくるでしょうが、仕方ありません。割り切る
ことにしました。

きゅうりもぎ、また声が掛ったんですね。気分転換にもなるし、
できるうちはやったほうがいいですよ。
by clifton (2021-09-15 19:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。