SSブログ
つぶやき ブログトップ
前の20件 | -

梅雨入りで気分が落ち込む [つぶやき]

遂に梅雨入り。雨で連れ合いのテニスレッスンは中止に。木曜日朝のレッスンができなくなったので、次回は来週月曜日。

実は先週木曜日のレッスン中に私の不用意な声掛けに苛立った連れ合いがウルサイ!と怒鳴った。隣のコートではいつもの別のレッスングループがプレーしていたのだが、あとでフロントにクレームをつけたらしい。私がラケットで叩かれた時にも多分見ていただろうから、こんな人と同じ時間に隣のコートでやりたくないと思ったにちがいない。以前そのグループのコーチらしき人には認知症であることを話しておいたのだが・・・

夕方16時からの1時間ならコートが取れるとコーチが言ってくれたので、残りの6月と7月の予約していただいた。ところが、聞いた時にはそれでもいいと言っていた連れ合いが翌日になって、夕方からなんてやりたくない、月曜日だけでいいと言い出した。説得は無理なので、やむを得ずキャンセルをお願いする。せめて週に2回は身体を動かさなきゃと私が思っても、本人にその気がなくなってきているのだから、打つ手なし。あれほど好きだったテニスなのにと思うと悲しい。

a.jpg
何も植えていなかった鉢に芽が出てきた。雑草だと思っていたら、可愛い花をつけた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の衰えが加速 [つぶやき]

1週間ぶりに連れ合いのテニスレッスンに同行。先週、試合に出ていたコーチは、残念ながら4回戦敗退だった。3回戦はフルセットで、4時間の激闘の末に勝ったのだとか。いつもAさん(連れ合いのこと)に鍛えられているから、体力が持ちましたと笑っていた。確かに連れ合いがどんなボールを打っても、打ちやすい所に返してくれるから、役に立っているのかも。

1.jpg

午後、1カ月ぶりに母とテレビ電話。眠いのか、目を開けないままだった。2週間前、入浴中に足をケガをして、病院に連れて行き縫合したと施設の看護師から弟の所に連絡があった。詫びていたそうだが、どういう状況だったのかよくわからない。先月は会話にならなくても、画面越しにバイバイしてくれたのに、今日の様子からは、かなり衰えていると感じた。来月中旬にコロナワクチン接種を受けることになっているらしい。副反応がひどくなければいいけどと心配。子どもたち全員の接種が済んで、会えるようになるまで生きていてほしいが、無理かな。

2.jpg
新物の山椒の実で、ちりめん山椒を作る。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワクチン接種予約は大仕事 [つぶやき]

今日は1947年4月以前に生まれた区民を対象としたワクチン接種の予約開始日。1946年生まれの連れ合いが該当する。相変わらずパソコンのネット接続が遅いので、スマホでやることにした。電話予約は9時から、Web予約は10時からとある。スマホ画面に区のHPを出しておいて、10時と同時に予約サイトにアクセスしたが、アクセス集中でつながらない。30分おきくらいにトライするがダメ。数回目に途中まで進んだが、会場と日時を検索するところでダウン。午前中は諦めて、夕方に挑戦してようやく取れた。1回目が6月8日、2回目の予約は1回目の接種会場で、3週間後の同じ会場・同じ曜日・同じ時間で案内してもらえるというから、6月29日になるのかな。徒歩圏内の会場が取れなかったのが少々不満だが、致し方ない。

Web予約をしてみて、スマホを使っていても、ネットショッピングや航空券・ホテルの予約などしたことのない人にとっては、ハードルが高いだろうなと思った。Web予約方法の案内が同封されていたけれど、英数字を含む10桁以上でパスワードを設定するとか言われても、メールやLINEしか使ったことのない人は戸惑うだけかも。私たち団塊の世代の予約開始日は、6月14日。この世代以降はネット慣れしているから、よりアクセスが集中しそう。

午後に連れ合いの受診に付き添う。ラケット殴打事件のあと、主治医が不安を抑える薬を増やしてくれたが、ちょっと合わなかったので、別のに変えてくれた。血圧は正常近い値になり、1種類のみに。

a.jpg
近所のヤマボウシの花。毎年6月末に泊まっていた秋田駒ケ岳温泉の近くにも咲いていたなあと思い出す。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

待つことができない [つぶやき]

連れ合いは、髪の毛を切ってもらいに行きつけの美容院へ。私も1年前からその店に変えたが、彼は20年以上通っている。店主が釧路出身と知って、お気に入りの店になった。予約制で、店内で待つ必要がないのがいい。

連れ合いは、ますます待つということができなくなっている。今日も11時予約なので、10分前に家を出れば十分なのに10時半頃からマスクを付けて、出かける態勢。まだ早いと言うと、いつもの″疲れちゃった″が漏れ始め、徐々に怒鳴り声に。もしかして、一人で行くのが不安なのかしらと思ったが、今まで私がついて行ったことはないし、そのまま送り出した。持たせたメモどおりの昼食用パンを買って帰って来た時は、普通になっていてホッとする。緊張感からくる苛立ちなのか、待つのが嫌なのか、よくわからない。昔は待ち合わせ時間に遅れるし、せっかちな私と正反対で、決して急がない人だったのに病気のせいなんだろうな。

1.jpg2.jpg
弟にお米を頼んだら、米の上にキュウリとレタスがのっていた。キュウリは新鮮なうちに生味噌で丸かじり。レタスは新タマネギのスライス・削り節・サラダオイル・醤油と和える。タマネギより長ネギの小口切りのほうが好みだが、なかったのでタマネギにした。この和風サラダはたくさん食べられる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

対処法は「取り合わない」 [つぶやき]

月曜日が祝日だったため、連れ合いのテニスレッスンは1週間ぶり。明け方まで降っていた雨も止み、レッスン中にほんの少し弱い雨が降ったが、無事終えることができた。

コート近くで、クラブに向かうMさんと出くわした。連れ合いがMさん!と叫ぶ。Mさんが自転車を止めて、握手してくれた。レッスン中にT子さんも来てくれた。私と一緒に見学していたら、コーチがギャラリーが多いせいか、俄然ボールに勢いが増しましたねと連れ合いを冷やかす。和菓子屋で、生菓子・柏餅・お弁当を買い、機嫌よく帰宅。薬のせいか、午後はパソコンの動画を付けっぱなしで、何度か居眠り。

家に帰り着いた途端、″疲れちゃった″を連発していた。主治医に「疲れた」という言葉を繰り返す話をしたら、文字以外のメッセージを含んでいるのかもしれません、自分の不甲斐なさを嘆いている声のようにも感じられると言われた。確かに自分の気持ちを言葉で表現できないため、苛立ちや不安を「疲れた」のひと言に込めているのかもしれない。「疲れた」と怒鳴るのを聞いても、素知らぬ顔をして放っておくと、そのうちに静かになる。まともに取り合ったら、かえって油に火をそそぐ結果になりそうだなので。とにかく、認知症の人の心を読むのは至難の業。

8.jpg9.jpg16201730302845.jpg10.jpg11.jpg
昨日、ゆっくり見て行ってくださいと言われたお宅のバラたち。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

場当たり的な対策の果てに [つぶやき]

連れ合いのテニスレッスンに同行したら、冷たい北風が吹いていて、久しぶりに寒いと感じた。見学するテラスは陽が当たらないため、手がかじかむほどだった。下車駅で、テニスクラブに向かうM子さんとバッタリ。女性では一番年長者かもしれないM子さんがお元気でテニスに励んでいる様子を聞いて、羨ましかった。

高校の仲間のグループLINEで、このところ話題になっているのがコロナワクチン接種のこと。接種券が届いたとか、まだとか、いろいろ。予約開始50分で予定の1000人分に達したと言われた。でも対象老人は9万人もいる。2回目の申し込みに電話を掛けた人が1時間半かけてもつながらなかった、など。私の所は接種券すら届いていないので、皆さんの話を聞くだけ。どうせスムーズにはいかないのだろうから、焦って申し込むことはやめよう。

緊急事態宣言の内容で、最も憤りを感じているのは、飲食店での酒類提供禁止。フランス料理を水で食べるなんて、ありえない。鮨屋もしかり。刺身をお茶で味わえって言うのか。場当たり的な対策を行ってきた挙句の果てに、こんなバカなことを国民に要求するなんて、許せない!

a.jpg
昨日作った弟の菜花の炒め。菜花はやっぱりお浸しより油炒めが美味しい。中華鍋に多めの油を入れ、高温でサッと炒め、最後に日本酒を加えて、油抜きをする。昨日は塩だけだったが、オイスターソースを入れる時もある。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長生きしなくちゃ [つぶやき]

今日も大して動いていない。連れ合いを一度は外に出そうと、近所のコーヒー豆屋・パン屋・コンビニを回っただけ。コンビニが一番近いので、重い水はここで買い、連れ合いに持ってもらうことにしている。

チベット、新疆、インド、ブータン、イランに行った時の旅行社からパンフレットが届いた。海外秘境専門の旅行社だが、コロナ禍で当然海外旅行は皆無。北海道から沖縄、小笠原諸島まで全国を網羅したツアーが載っていた。ハイキングや登山が多いが、野生動物に出会う旅というシリーズもある。一番多い人数で12名限定、少ないのは3名限定。さすがにユニークなツアーが多い。

パンフレットを眺めていたら、行きたい所がたくさんあった。でも、何にも興味を示さなくなっている連れ合いと参加するのはもう無理。いつか一人で行くことを目標に、せいぜい長生きしよう。

a.jpg
弟からの菜花を練りごま・味噌・マヨネーズで和えた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本を読まないのに借りる [つぶやき]

好天が続き、乾燥状態。今の時期にしては湿度が低すぎる。手足がカサカサで、まるで冬みたいだ。そろそろ雨が恋しい。

朝のうちに図書館とスーパーを回る。連れ合いが借りていた本の返却日が過ぎていたので、一緒に行った。新聞も見出しくらいしか読まなくなっているし、本もいっこうに読み進まない。それなのに以前の習慣で借りて来る。ある時、2冊借りて来なくちゃと言うのを聞いて、あまり読まないんだから1冊でいいんじゃないと言ったら、激怒された。自尊心を傷つけてしまったらしい。

病気になるまでは、家に居る時はもっぱら本を読んでいたのに、今はパソコンでドラマや映画を観ているだけ。やがてはそれにも興味がなくなるんだろうな。自分から映画に行こうと言わなくなったし。

a.jpg
近所のアイリス
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつになったら、肩痛から解放されるのか [つぶやき]

朝一番で鍼灸院へ。肩がだいぶ疲れているようですねと言われる。半年前、変形性肩関節症と診断された右肩の痛みは相変わらず続いている。寒い時期が過ぎ去るとともに痛みもなくなるかと期待したが、願いは叶わない。着衣時に腕を通す際やエプロンの紐を結ぶ時に痛みが走る。いつになったら、痛みから解放されるのだろうか。

午後は本を返しがてら、予約してあった本を受け取りに図書館へ。自由に持ち帰ることができて、返却の必要のないリサイクル図書のコーナーから、2冊もらってきた。温泉に行く時に持参して、新幹線の車中や宿で読み、読み終えたら宿に置いてくる。1月以来、温泉に行っていないので、来月は行きたいなあと思っているけど、コロナの状況次第かな。

4.jpg
近所の西洋シャクナゲ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜の木の下で [つぶやき]

東京は昨日桜の満開が発表された。昨年と同日、平年より12日も早いとか。近年は桜の開花時期と入学式がずれてきている。やはり温暖化のせいなのだろうか。

家の前が桜並木で、外に出ればいつでも桜は見られるが、毎年行っている目黒川に出かけることにした。例年、往復徒歩で行っていたが、連れ合いが最近は長い距離を歩きたがらないので、行きは電車にする。ところが、目黒駅で電車を降りて、目黒川に向かう時からどこまで行くんだ、疲れたと言い始め、私が写真を撮っていると、早くしろと怒鳴る。ゆっくり桜を愛でるどころではなかった。本人は全く桜に興味を示さないし、このまま機嫌をとりながら40分歩いて家に帰るのは無理と判断し、結局電車で戻った。

2年前までは本人もカメラを持って、撮っていたのにと思うと悲しい。病気の進行で、いろいろなことに興味がなくなってきている。新聞もめくるだけで、ほとんど読まない。引きこもって、パソコンでドラマや映画を観ている時は静かで、私も楽だが、やがてはそれもしなくなるのだろうな。

今日は北海道に住む連れ合いの次兄の葬式だった。脳梗塞で倒れ、3年の闘病の末に亡くなった。このご時世なので、自宅で家族だけで見送ると連絡があり、出席はしなかった。桜の木の下で、義兄の冥福を祈る。

1.JPG
雅叙園の前を通って目黒川へ

2.JPG
目黒川の桜

3.JPG4.jpg
家に帰ってから、一人でマンション前の桜並木を歩く。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラケットで叩かれる [つぶやき]

連れ合いのテニスレッスンに付き添う。ちょうど始まる頃にテニスクラブで一緒だったOさんが会いに来てくださった。ロビーで連れ合いのレッスンを時折見ながら、おしゃべり。昨年亡くなられたご主人の介護経験などをうかがって、Oさんのご主人のように穏やかだったらなあと思っていた矢先に事が起きた。

レッスンを終えて、ロビーに入って来た連れ合いが何しに来たんだ!と私に怒鳴って、ラケットで叩いた。以前、レッスン中にテラスでスマホをいじっていたら、家に帰れ!と怒鳴ったことがあるので、どうも自分のことをちゃんと見ていなかったことが気にくわなかったらしい。ここから見ていたわよと言っても怒りはおさまらず。

駅に着いた時には普通になっていて、一体あれは何だったのという感じ。家に帰ったら、2カ所青あざになっていた。湿布薬を貼るのに、連れ合いにここに貼ってと言ったら、何も言わずに貼ってくれた。どうしてこうなったか、わかる?と言いたいところを我慢。会話が成り立たないので、まともなケンカもできない。

怒鳴るだけなら、まだしも、暴力を振るわれると怪我につながるから困る。私が骨折でもしたら、介護する人がいなくなるし。昨年の6月から服用している感情を抑える薬があまり効かなくなったのかな。主治医に相談してみなくちゃ。

3.jpg
今夜のキャベツ料理はロールキャベツ。ブイヨンとトマト缶詰で煮た。

1.jpg
昨日、実家の弟からお米と野菜が届いた。里芋がたくさん入っていたので、蒸かしてフキノトウ味噌で食す。

2.jpg
昨日残った蒸かし里芋を今夜はバターで焼き、醤油をちょっとたらして食べた。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祝えなくなった結婚記念日 [つぶやき]

東日本大震災から10年が経った。福島の親類も友人たちも家屋の被害だけで済んだが、原発事故のせいで、いまだに不安を抱えている。1カ月前の福島県沖の地震の際も、とっさに原発は大丈夫かと思ってしまった。東京にいてもそうなのだから、地元の人たちはいかばかりか。廃炉まであと何十年かかるかわからないらしい。一体いつになったら安心して暮らせるのだろうか。

実は、3月11日は結婚記念日だった。震災以後は祝う気分になれず、昨日も家で普段通りのつつましい夕食をとっただけ。3月に結婚した連れ合いの高校の仲間、3組の夫婦で、例年合同の食事会をしているが、それも今年はコロナで未定。今月中に開くのは無理かもしれない。

1.jpg2.jpg
寒緋桜や雪柳が見頃になった。

3.jpg
弟から野菜が届く。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またもや持病の頭痛が [つぶやき]

連れ合いのテニスレッスンの日。外で見学していても全然寒くなかった。コーチは暑いと言っていたが、連れ合いは大して動かないので、さして汗もかかない。終わったあと、コーチが私にラリーもボレーも長く続くので、ずっとラケットを振っていることになり、足を動かさなくても結構運動量はあるはずですよと言ってくれた。

午後は、連れ合いの月1回の受診で、近くの病院へ。今日のレッスンの様子を動画で撮ったのを主治医に見せたら、上手いですねとほめてくださった。連れ合いはほめられて嬉しかったみたいで、上機嫌で帰宅。

3カ月に一度くらいの割合で起きていた持病の頭痛がここ半年くらい起きないなと思っていたら、昨日から痛みだした。左後頭部に断続的な収縮性の痛みが走るのだが、テニスを見ている間は、それほど気にならなかった。家でじっとしていると、痛みに気を取られて、読書にも集中できない。3-4日経てば痛みがひくので、ずっと薬は飲まずにきた。でも、痛みに対する耐性が衰えてきたようで、これを書きながら、バファリンでも飲もうかなという気になっている。

a.jpg
長いもの梅和え。刻んだ梅干しと削り節で和えるだけ。

b.jpg
長いも1本買うと、生で食べるだけでは飽きてしまうので、出汁で煮たり、味噌汁に入れたりする。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母に会えなくなって1年が経った [つぶやき]

連れ合いのテニスレッスンに付き添う。見学していて、久しぶりに寒かった。月曜日が雨でレッスンがお休みになったため、今日和菓子屋に寄って、生菓子を買って来た。連れ合いの頭の中では、テニスレッスンと生菓子が結び付いていて、決して忘れない。

午後、昨日予約してあった母とのテレビ電話面会をする。顔色も良く、至極元気そうだった。付き添っていた介護の方に聞いたら、食事はほとんど完食し、夜も静かに寝ているそうだ。もう私がだれだかわからないけど、顔を見るだけでも安心する。

最後に会ったのは去年のちょうど今頃。翌月から面会が禁止となり、現在に至る。毎月連れ合いと施設に隣接する温泉に1泊して、会いに行っていた。家族のだれとも会えなくなったら、認知症が進んだらしい。母が生きているうちに、せめてもう一度会いたいけれど、コロナの終息はいつになることやら。

a.jpg
イカはサトイモやジャガイモと煮るのも好き。でも、スルメイカの不漁続きで、5年間で漁獲量が1/3に減少したらしい。値段が高いうえに小ぶりなものばかりなので、料理に使う回数がかなり減った。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ミャンマーの旅を思い出す [つぶやき]

立春から10日、日ごとに暖かくなっている。今日は荷物持ちを伴ってスーパーに行ったのが唯一の外出で、あとはひたすら本読みをしていた。窓越しの陽射しを浴びていると、ついこっくりしてしまうが、これがまた心地よい。

ミャンマーの軍によるクーデターから1週間が経った。全国で抗議デモが続いているらしい。大勢の公務員もデモに参加しているとか。長い軍政のあと、10年近く民主主義の下で生きてきたミャンマーの人々にとって、再び自由を奪われるのは耐えがたいことだと思う。それにしても、軍が強硬策を取って、デモ隊に犠牲者が出ることになりはしないかと心配。

ちょうど10年前の今頃、連れ合いの高校のクラスメートたちと総勢12名でミャンマーに行った。我が家が幹事役で、旅行社に現地ガイドやホテル、ミャンマー国内の移動を手配してもらってのツアーだった。当時はまだ軍政で、アウンサンスー・チーさんは軟禁状態だった。その半年後に政治活動を再開できるようになったが、今また拘束されている。

ミャンマー旅行記:https://clifton.blog.ss-blog.jp/2011-02-13

1.jpg
近所の椿
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニスレッスン見学中は言いたいことを我慢 [つぶやき]

昨日とは打って変って寒い一日。なかなか春にまっしぐらというわけにはいかない。連れ合いのテニスレッスンをいつものようにテラスから見学していたが、厚着して行ってよかった。

レッスン中、連れ合いはひと言も言葉を発しない。コーチが水を飲みましょうと声を掛けない限り、持参した水を飲まないし、ボールを集めてくださいと言われてから、集め出す。何をすべきか考えて、行動に移すということができなくなっている。隣のコートにころがったボールを取りに行くのにも、のんびり歩いて行く。少しは駆け足したらと言いたいところだが、我慢。余計な期待は抱かないことと常に自分に言い聞かせている。テニスはストロークもボレーもまあまあちゃんと打っているし、なにより本人が楽しいみたいだから、良しとしよう。

以前、ブログに載せた「エノキダケの梅煮」(https://clifton.blog.ss-blog.jp/archive/20210109)を青物やモヤシとの和え物に使ったら美味しかったと友達に聞いたので、作ってみた。

b.jpga.jpg
ホウレン草と春菊と和えてみたが、シャキシャキした春菊のほうが私の好み。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その人に合った介護を [つぶやき]

冬至から1カ月が過ぎ、日が長くなった。今日はまるで春のような陽気。連れ合いがデイサービスに行かなくなったけれど、一人歩きは続けることにした。先週は林試の森へ行ったので、今回は1カ月ぶりに洗足池公園へ。

パソコンで映画を見ていた連れ合いに、歩かないと骨粗しょう症が良くならないとS先生に言われたから、1時間くらいウオーキングしてくるねと言って出かける。連れ合いが信頼しているS先生の名前を出すのが一番効果的。

デイサービスを止めてからは穏やかな状態が続いている。よほどイヤだったのだろうな。今になって考えると、登校拒否の子どもを無理やり学校に送り出していたようなものかもしれない。相手の心情に寄り添わず、無理強いしていただけだったと反省。結局、デイサービスがストレスになり、連れ合いに拒否反応が出ていたのだと思う。これも経験してみてわかったこと。その人に合った介護を介護者である私が状況に応じて、考えていくしかない。幸いなことに、テニスレッスンは喜んで行くので、2回に増やして正解。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
洗足池

4.jpg
洗足池にある勝海舟の墓

5.jpg
洗足池に向かう途中に咲いていたバラ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デイサービスは諦めた [つぶやき]

連れ合いがデイサービスに行く日。出かける前に服を着替えていて急に不機嫌になり、行かなくてもいいんじゃないとぐずったが、送迎車が来たら乗り込んだ。ドアを閉めてから、施設の方が実は先週ご主人が外に出てしまったんですと話し出す。一瞬徘徊が始まったのかと慌てる。そうじゃなくて、外の歩きスマホの人にスマホなんてやっているんじゃない!と怒鳴ったらしい。

以前、歩きスマホの人にぶつかってから、そういう人を目の敵にしていて、すれ違いざまに“歩きスマホ!”と聞こえるように言うことがよくある。施設は路地に面していて、ガラス張りの部屋から外がよく見える。それで、わざわざ外に出て怒鳴ったようだ。静かな住宅地なので、近所から苦情が出たとか。それで、今後はお引き受けするのは難しいと言われた。通所し始めた頃、私が心配して様子を尋ねた際、時折大きな声を出すことがありますが、皆さん気にしないから大丈夫ですよと言われて、安心していたけど、トラブルは今回だけでなかったのかもしれない。

帰って来てから、本人にまたクビになったわよ、怒鳴ったんだってと言ったら、記憶にないとの返事。まるで政治家の答弁じゃないの。もう行かなくていいのと聞くから、行くのを断られたのよと言ってやったけど、全然こたえていないみたい。行きも帰りも楽しそうな姿を一度も見たことがなかったので、我慢して行っていたのだろう。

デイサービスの内容がなんであれ、集団にはなじめそうもないから、もう諦めた。じゃあ、テニスレッスンをあと1日増やす?と聞いたら、テニスなら行くというので、急遽コーチに連絡。来週から月・木の週2回レッスンしてもらうことにした。やれやれ、これで一件落着。まるで、問題児の親の気分。

明日から毎年この時期に滞在する秋田の温泉に3泊の予定。次回ブログの更新は17日です。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg
今日のウオーキングは林試の森へ。青空の下、落ち葉が積もって柔らかくなった土の上を歩くのは気持ち良かった。白い椿の名は「限り」。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

成人式は必要か [つぶやき]

曇天で寒々とした一日だった。昼間から綿入れ半纏を着て過ごす。午後、近所の住宅街を散歩。連れ合いが早く家に帰りたそうでイライラし始めたので、30分ほどで終了。ますます歩くことが好きでなくなっているみたい。家に居る時はパソコンにかぶりついているから、私は楽なのだが、身体が不自由になると困るのも私。ジレンマに悩む日々。

ネットでニュースをチェックしていたら、成人式関連の話題が多かった。成人式出席予定者にコロナ感染者が出たから、当日になって中止になったとか、市が早くにオンライン成人式を発表したら、反対意見が多くて断念、結局従来の形にしたとか。

そもそも成人式をやる意義なんて、あるのかしら。廃止すると、着物業者や美容院、それに選挙のために祝辞を述べる自治体の首長は困るのかもしれないが、個人や仲間で祝えば十分だという気がする。ましてや、コロナ禍で大変な時期に大勢集まっての式典などやるべきではなかった。

a.jpg
近所に咲いていた水仙
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

29年前のモデル経験 [つぶやき]

来週の月曜日は祝日のためテニスレッスンは休みとなる。それで、今日の9時からレッスンをお願いした。コートに着いたら、既にコーチがレッスン中。8時からのプライベートレッスンを受けていたのは、なんと前のテニスクラブで一緒だったSさんご夫婦。本当に久しぶりの再会だった。

連れ合いはY子さんにカラーコーディネーターで、モデルになりましたよねと話しかけた。イメージコンサルタントだったY子さんは、あるビジネス誌でその関係のページを担当されていた。ビジネスマンを登場させ、その人に似あう色を分析し、服装のアドバイスをするという欄だった。

当時テニス仲間だったY子さんからの依頼で、連れ合いがモデルになったという経緯がある。何年も会っていなかったのにちゃんと覚えていたのにはY子さんもびっくり。お二人には以前連れ合いの病気のことは伝えてあったので、まさかそんな昔のことを覚えていたとは思わなかったらしい。連れ合いにとっては楽しくて、印象に残る経験だったのだろうな。

帰宅後、あの時の記事はどこかにあるはずだと探したら、ありました!日付を見たら、1992年7月号。29年前、連れ合いが45歳の時だもの、若いはずだわ。

        a.jpg
髪・肌・目の色などで診断し、黄色味のある色が似合うという結果がでた。茶・ベージュ・モスグリーン・ゴールド・レンガ色・オレンジなど。早速、ベージュのスーツ・茶のストライプのワイシャツ・モスグリーンにゴールドの模様が入ったネクタイでモデルに。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - つぶやき ブログトップ