SSブログ

札幌滞在記(4日目:楽しいランチ) [旅]

今回の札幌行きで私が一番楽しみにしていたのは、連れ合いの姪と姪の子どもたちに会うこと。婿さんの仕事で関東に住んでいた時期があったが、10年くらい前に金沢に転勤になった。いつか金沢に会いに行こうと思っていたら、昨年札幌に戻ってしまった。8年前、海外出張のため金沢から上京した折、品川で会って、3人で食事して以来の再会だった。いまや6歳と4歳の2人の子の母親になっている。

ホテル近くの赤レンガテラスのイタリアンで、弟夫婦と姪、姪の子どもたちとランチをした。婿さんは会社が関東からの客との会食を禁止しているとかで、欠席。初めて会った子どもたちがカワイイ!連れ合いと話すより、ずっと会話が成り立って楽しかった。

姪が高校生の時、交換留学でインドネシアのバンドンに向かう際、成田まで送って行ったこと、大学院生の時、フィールドワークでトルコに行き、その行き帰りに我が家に寄ったことなどを思い出す。あれから流れた時間の長さを思うと感慨深い。

1.jpg
姪の6歳の娘がプレゼントしてくれた絵。

最後の夜はクネルで。美味しくて本格的なフレンチが、かなりリーズナブルなお値段で味わえるので、東京にあったら、毎月でも通いたくなる店。コートドール出身だけあって、厨房もピカピカ。誠実で親切なご夫婦の人柄もあって、常連客がたくさんついているようだ。

2.JPG
前菜(私):ホタテのソテーとリゾット セップ茸ソース

3.JPG
前菜(夫):オマール海老のテリーヌ

4.JPG
主菜(私):エイとキャベツのシェリービネガーソース

5.JPG
主菜(夫):道産牛しっぽの赤ワイン煮込み にんじんのピュレ添え

6.JPG
デザート :クレームダンジュ イチゴソース
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在記(3日目:映画とショッピング) [旅]

スキーで疲れたのか、スキーで転んだことに落胆したのか、3日目の連れ合いは朝から不機嫌。ここではGYAOを見られないと不満を言うので、映画に行くことにした。徒歩十数分のユナイテッド・シネマ札幌で、『花束みたいな恋をした』を観る。まだ観ていない作品の中で、好意的なレビューの多かった本作を選んだのだが、年寄りにはあまり面白くなかった。若い人向きの作品だ。

いったんホテルに戻り、コンビニで買ったおにぎりで昼ご飯。コンビニでおにぎりを買ったのは何年ぶりだろうと思いながら、部屋で食べる。そのあと、おみやげのお菓子を買いに行くけどどうする?と聞いたら、行くというので一緒に出掛ける。「六花亭」で、母がお世話になっている施設の職員の皆さま宛てのお菓子を発送してもらい、あとは持ち帰った。

3時頃からは部屋でテレビを見て、夕飯はホテルの中華レストランで。1年前は私たちを入れて3組の客しかいなかったが、今年はまあまあ入っていた。

0.JPG
前日に北キッチンで購入したパンとヨーグルトで朝食。宿泊に朝食は付けず、いつもホテルのベーカリーでパンを調達している。恵庭市のトモエベーグルのクルミやレーズンが入っているベーグルと中標津町の飲むヨーグルトが美味しかった。

2.JPG
旧道庁の前を通り、六花亭へ。

3.JPG
白菜の甘酢漬け
4.JPG
青梗菜の生姜・ニンニク炒め
5.JPG
鶏の唐揚げ
6.JPG
五目焼きそば

7.JPG
紙のマスク入れ。クネルにも置いてあったが、食べる時以外はマスクをということらしい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在記(2日目夜:極上のすしを堪能) [旅]

2日目の夜は、ここ数年札幌に行くと必ず寄る「鮨処有馬」で夕食。1カ月前に予約し、この日を楽しみにしていた。カウンター席だけだが、コロナ対策でアクリル板が置かれ、7席に減っていた。内容はおまかせコース一種のみ。

6時予約の客がそろったら、スタート。端の客から順番に同じものが供される。食材は北海道産にこだわっていて、東京ではお目にかからないネタを味わえる。今のところ、一番気に入っている鮨屋だ。

DSC05406.JPG
目の前で、大将が盛り付けたり、握ったりするのを見ているのも楽しい。
DSC05405.JPG
北海道産酒米を使った「北斗随想」を2人で1合だけ飲む。
DSC05407.JPG
ミズダコの刺身と柔らか煮
DSC05408.JPG
新物のカズノコ
DSC05409.JPG
ウニをヒラメで巻いて、出汁のジュレをかけた一品。上にエンガワ。
DSC05412.JPG
蒸しアワビ。3時間蒸したとのこと。
DSC05413.JPG
八角の西京焼き 紅芯大根おろし添え
DSC05414.JPG
裏ごししたあん肝とみじん切りの奈良漬けを和えたもの。
毎回あまりの旨さに感動してしまう。
DSC05415.JPG
海鮮の大和蒸し。海鮮の上にすりおろした大和芋がのっている。
DSC05416.JPG
湯引きした活ぼたん海老
DSC05417.JPG
中トロ
DSC05418.JPG
ヤリイカ
DSC05419.JPG
ニシン
DSC05421.JPG
炙りノドグロ。唯一北海道以外のネタ。
DSC05422.JPG
ホタテ
DSC05423.JPG
北海道のキングサーモン、マスノスケ
DSC05424.JPG
北寄貝
DSC05425.JPG
キンキ
DSC05426.JPG
ぼたん海老の頭が入ったお椀 
DSC05427.JPG 
毛蟹      
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在記(2日目:一人街歩きを楽しむ) [旅]

朝8時に、弟がホテルまで連れ合いを迎えに来てくれ、札幌国際スキー場へ。スキーのあと、温泉に寄って、ホテルに戻ったのが3時半。ちゃんと滑れたか心配だったので、様子を弟に聞いたら、2回転んだけど大丈夫だったとのこと。靴を履いたりする時にふらつくことがあり、下半身が衰えているなあと感じていた。来年に向けて、足を鍛えなきゃねと連れ合いに言ったら、スキーの板がカービングで短いため不安定になるんだと板のせいにする。やっぱり下手になったことを認めたくないらしい。

私は9時近くに地下鉄で、札幌中央卸売市場へ。ここでは一般の消費者は買い物ができない。市場のゲートにいた方に場外市場のことを尋ねたら、近くにある「さっぽろ朝市」を勧められる。

1.JPG
駅から10分の距離だったが骨粗しょう症なので、滑って転ぶのが怖くてつま先でゆっくり歩いた。レインブーツを履いて行って正解。

2.JPG3.JPG
朝市は5時からやっているそうで、私が着いた頃には生ものを扱う店は既に後片付けが始まっていた。目的の干し貝柱を乾物屋で購入。

帰り道、お気に入りの丸井今井の「北キッチン」に寄り、美味しそうなものを物色。ここは道内のめぼしい食品がすべて置いてあるので、いつ行っても楽しめる。

5.JPG
ホテルに戻り、荷物を部屋に置いてから、すぐ近くの「函館うにむらかみ」で昼食。うに・いくら丼を肴に日本酒を飲む。一人昼酒は最高!

6.jpg
昼食のあと、宿泊しているグランドホテルで開かれていた「サラニプ アイヌの編みぶくろ」展を観た。

7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG
シナノキやオヒョウの木の皮を使い、たて糸とよこ糸を組み合わせて編む。作製過程を撮ったビデオを観たら、出来上がるまでの手間が想像以上だった。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在記(1日目:兄弟で食事会) [旅]

行きの便がキャンセルになりましたので取り直してくださいとか、帰りの便の機材が変更になったため、座席が変わりましたとか、出発までにいろいろなトラブルがあったが、3日、11時に無事羽田を飛び立ち、札幌に向かった。

昨年は札幌に緊急事態宣言発令中に行ったので、飛行機もホテルもガラガラだった。ところが、今回は行きも帰りの便も修学旅行生で満席。一般の客は100人未満だったと思う。ソーシャルディスタンスどころか、搭乗待合室はすごい密度。それに高校生たちのおしゃべりがうるさいこと。これじゃあ連れ合いが怒鳴りそうだわと思ったら、案の定、静かにしろ!と一喝。団体は最初に搭乗したので、ほっとする。

夕方、毎年兄弟で集まるフレンチビストロ「クネル」で食事会。去年は緊急事態宣言を受けて、お店が臨時休業になってしまい、食事会はしなかった。今年は1人の義妹だけ出席できなかったが、久しぶりに5人が顔を合わせてのにぎやかで楽しい会となる。

クネルはすべてアラカルト。最後の夜もここで食べることにしていたので、1回目は2人で同じものを食べた。

1.JPG
かわいいパンは自家製

2.JPG
前菜:白子のムニエル じゃがいものパラソル添え ローズマリーソース

3.JPG
主菜:名寄産ポークのロースト

4.JPG
デザート:イチゴのミルフィーユ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在3日目 [旅]

3日目は、夜にお気に入りの寿司屋に行くことだけが決まっていた。道立近代美術館も円山動物園も19日まで閉まっているし、宿泊客が借りられるホテルの書棚にある本でも読んでいようかと思っていたら、連れ合いが映画に行こうと言い出す。

一日中、部屋にこもっているのもストレスだろうからと、結局、札幌駅JRタワーにある映画館に行く。実話に基づいたアメリカ映画『黒い司法 0% からの奇跡』を観た。黒人への差別が色濃く残る南部アラバマ州で、殺人の濡れ衣を着せられ、死刑判決を受けた黒人をハーバード出の黒人弁護士が冤罪であることを証明して、救う話。なかなか面白かった。

夕食は札幌に行くたびに必ず寄る「鮨処有馬」で。予約が取りにくい店だけど、こんな時期だから、空いているかもと心配しながら訪問。ところが、カウンター8席がすべて埋まっていた。1カ月半前に予約していたのは私たちだけで、ほかの客は今なら予約が取れるのではと考えて、直前に電話をした地元の人たちだった。大将の話では、キャンセルが結構出て、大変だったとか。

お任せコース1種類のみで、つまみ5品、蒸し物、にぎり10、お椀という組み合わせ。ネタはすべて北海道産。実直な大将が目の前で人数分をこしらえて、順に置いてくれる。ここで食べられただけで、札幌に行った甲斐があったというもの。本当に美味しかった!

1.JPG
大将の包丁さばきを見るのも楽しみのひとつ

2.JPG
北海道の酒
3.JPG
ミズダコの柔らか煮と刺身
4.JPG
ヤリイカとウニのジュレかけ
5.JPG
八角の西京焼きと昆布煮
6.JPG
毛蟹の内子塩辛のせ
7.JPG
裏ごししたあん肝と奈良漬けのみじん切りを和えたもの。お酒にぴったり!
8.JPG
海鮮の蒸し物
9.JPG
箸休めは梅干しと生姜
10.JPG
ボタン海老。活海老をサッと湯引きしたもの。
11.JPG
函館産マグロ
12.JPG
ホタテ
13.JPG
キンキ
14.JPG
ツブ貝のオクラのせ
15.JPG
ニシン
16.JPG
ヒラメ
17.JPG
サクラマス
18.JPG
ボタン海老の頭入りお椀
19.JPG
白子のカラスミかけ
20.JPG
イクラとウニ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在2日目 [旅]

2日目は、弟がホテルに迎えに来てくれ、連れ合いは札幌国際スキー場へ。私はお土産を探しがてら、1人で散歩に出た。暖かかったので、地下道ではなく外を歩く。

1.jpg
大通公園

まずは二条市場へ。いつもなら、アジアからの観光客で大賑わいの市場は閑古鳥が鳴いていた。そこから狸小路に向かったら、ここも閑散。ある程度予想はしていたものの、現実は予想を超えていた。観光業や外食産業への打撃の大きさは計り知れない。

2.jpg
狸小路

少しでも地元の商店にお金を落とさなきゃと、市場、丸井今井、北キッチンで買い物をした。いったんホテルに戻り、近くの「函館 うに むらかみ」で昼食。この際、自分へのご褒美だと思い切って、うに丼にして、お酒まで飲んでしまった。何年振りかの一人酒、一人ご飯は最高!

3.jpg4.jpg

スキーから戻った連れ合いは、一度も転ばず、ちゃんと滑れたとかでご機嫌だった。帰りに弟が定山渓温泉にも寄ってくれたようで、一日連れ合いに付き合ってくれた弟たちに感謝せねば。

夕食はホテルの中華レストランで。客はこの日もほかに3組だけ。

5.JPG
青梗菜とカニの煮込み
6.JPG
豚三枚肉とネギのオイスターソース炒め
7.JPG
水餃子
8.JPG
あんかけ海鮮焼きそば
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在1日目 [旅]

半年ぶりの札幌滞在から無事帰宅。行きの羽田からの機内はガラガラ。乗客は定員の2割にも満たない。これじゃ、飛ばすだけ赤字ではと心配していたら、案の定、今日の帰国便は間引かれ、1時間後の便にまとめて乗せられた。それでも、6割程度しか埋まっていない。コロナの影響は想像以上だった。

いつも兄弟3組の夫婦で食事会をするお店が臨時休業となり、今回は食事会そのものを取り止めた。それで外には出ず、常宿の札幌グランドホテルのレストランで夕食をとる。宿泊客も少ないうえ、レストランも閑散。4組の客しかいなくて、寂しい限りだった。

緊急事態宣言が出たあとだったから、致し方あるまいが、ホテルの従業員がフロントもレストランも全員がマスク姿。なんだか異様な感じだった。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG
コース料理を食べる。北海道産羊のスープと桜マスのソテーが美味しかった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在3日目(円山公園を散策) [旅]

10日は、澄みきった青空が広がり、絶好のお出かけ日和。札幌は何度も訪れているが、円山公園には行ったことがなかったので、森林浴をかねて散策することにした。

地下鉄大通駅から東西線に乗り、3つ目の円山公園駅で下車。徒歩数分で公園入口に到着。まずは動物園に向かって歩き出す。10分ほどで着いたが、まだ開園まもない時間だったので、空いていた。

1.JPG2.JPG
公園内はうっそうとしていて、まるで森の中を歩いているよう。

3.JPG
一部紅葉していた。

4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG11.JPG
北海道のヒグマ、タンチョウ、ナキウサギもいた。動物園は昨年の台北以来だったが、のんびり見られてよかった。

12.JPG13.JPG
動物園のあとは、北海道神宮へ。新車のお祓いをしてもらっている人たちがいた。

14.JPG15.JPG16.JPG17.JPG
夕飯はある老舗のジンギスカンを考えていたけど、予約を取らないため、並ぶしかないと言われ、断念。2時間半ほど歩いて疲れたので、ホテル内のレストランで食べた。北海道で造られたナイアガラのスパークリングワインとツヴァイゲルトの赤ワインを飲む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在2日目(13年ぶりの墓参り) [旅]

9日は弟夫婦の車で、札幌から約180㎞離れた町にある両親の墓参りに連れて行ってもらった。いつもは国道を走るのに高速を使ってくれて、2時間半ほどで到着。久しぶりに十勝の景色を楽しむことができた。

13年前、阿寒湖で開かれた連れ合いの高校クラス会に出席するため、帯広空港からレンタカーで1週間ほど温泉に泊まりながら、道東の親戚巡りをした時以来のお墓参りだった。ここ2-3年、なにかにつけ両親のお墓のことを話していた連れ合いは念願かなって、満足した様子。

1.JPG

そのあとに次兄宅を訪問。義姉には会えたが、あいにく兄は入院中で、インフルが流行っているため、見舞客を制限しているとかで、病院に訪ねることはできなかった。義姉から介護の大変さを聞く。兄が倒れてから、7㎏体重が落ちたそうで、やつれていた。

夜は2人で、すすき野の「鮨処有馬」へ。4年前、連れ合いの高校クラス会が札幌で開かれた時に見つけたお店で、今回で5回目の訪問。現役時代に仕事でお世話になった、美食家のH教授ごひいきの寿司屋と知ったのはあとからだった。大将一人で切り盛りしているため、お任せコースのみ、時間も6時と8時半からの2部制になっている。目の前の大将の包丁さばきを見つめがら、次は何が出て来るんだろうとわくわくしながら待つのも至福の時間。北海道産だけを使ったこだわりのネタはどれも素晴らしく、食べるたびにまた来ようと思う。

2.JPG3.JPG
北海道のお酒「二世古」と「北の錦 北斗随想」を飲む。
4.JPG
タコ
5.JPG
北海道のキングサーモン「マスノスケ」
6.JPG
平目のウニ巻き、ジュレかけ
7.JPG
蒸しアワビの肝ソース
8.JPG
八角の西京焼き
9.JPG
あん肝。炊いてから裏ごししたもの。
9-1.JPG
海鮮の大和芋蒸し
10.JPG
イカ
11.JPG
ぼたん海老。生きていたのをさっと湯引きしたもの。
12.JPG
マグロ
13.JPG
北寄貝
14.JPG
ニシン
15.JPG
キンキ
16.JPG
ブリ
17.JPG
ぼたん海老の殻入りお椀
18.JPG
白子のカラスミかけ
19.JPG
毛ガニ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在1日目(いつもの店で兄弟会) [旅]

台風による河川の氾濫がすさまじかったようだ。実家の裏は山なので、土砂崩れを心配したが、家の前の用水路から水があふれて、畑が水浸しになった以外は被害がなかったと義妹から連絡があり、ほっとする。夜は避難所で過ごしたらしい。何カ所かで氾濫した阿武隈川がすぐ近くを流れていて、子供の頃、堤防が決壊して田んぼが水をかぶった記憶がある。天災が起きるたびに「想定外」という言葉が頻繁に使われるけれど、大自然の威力に対して人が想定できることなどたかが知れている。

8日午後に定宿の札幌グランドホテルにチェックイン。このホテルは駅からもすすき野へも徒歩圏内なので、とても便利。地下街の表示を頼りに歩けば、どこにでも迷わずに行ける。

夜は、いつも兄弟で集まる「クネル」へ。2月のスキーの時は義妹2人が参加できなかったので、6人そろっての食事会は1年半ぶり。シェフのYさんご夫婦にコート・ドールやラシェット・ブランシュの報告をしてから、各自好きなものを選んで、食べた。美味しいうえに、財布に優しいお店なので、近くにあったら、頻繁に通いたいくらい。

1.JPG

食べた料理(すべてアラカルトで)
〇飲み物:シャンパン・白・赤ワインをグラスで。
〇前菜:オマール海老のテリーヌ(夫)
    ホタテのソテーとリゾット セップ茸のソース(私)
〇主菜:エゾ鹿のロースト(夫)
    名寄ポークのロースト(私)
〇デザート:カボチャのプリン

2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在(3日目) [旅]

目的の兄弟スキーを無事終え、3日目は弟が勧めてくれた北大の博物館と昨秋オープンした図書館に行くことにした。2カ所だけでは時間が余りそうなので、朝一番に札幌駅ビルの7階にあるシネコンで映画を見る。

1.JPG
北大構内は、車道以外は一面の雪。

2.JPG
北大総合博物館。学部ごとに研究テーマの展示があり、さまざまな学術標本が見られる。

3.JPG4.JPG
お昼は学食でラーメン。370円という安さ。

5.JPG
札幌市民交流プラザ内の図書館。座席が1階に30席、2階に170席あり、web予約もできる。1階はカフェと一体になっていて、飲食可。時間を潰すのにもってこいの場所だが、前日は残念ながら休館日だった。

いったんホテルに戻って、部屋で休んでから、夜は「鮨処有馬」へ。札幌での寿司はここと決めている。ご主人が一人でやっているため、お任せコースしかないが、北海道産の魚介類のみ使っているので、満足度が非常に高い。

6.JPG
寡黙で実直そうなご主人

7.JPG
お酒は北海道の二世古を飲む。

〇つまみ(あん肝を裏ごしした一品があまりに美味しくて、写真を撮り忘れ)
8.JPG
タコの刺身と柔らか煮
9.JPG
ツブ貝
10.JPG
バフンウニとヤリイカのジュレかけ
11.JPG
八角の西京焼き
12.JPG
アワビ
13.JPG
海鮮の茶碗蒸し。山芋が上にかかっている。

〇握り
14.JPG
ぼたん海老。活海老をさっと湯引きしたもの。
15.JPG

16.JPG
平目の昆布締め
17.JPG
函館産の鮪
18.JPG
帆立
19.JPG
キンキ(キチジ)
20.JPG
イバラカニの内子と和えた毛ガニ
21.JPG
天然のキングサーモン、マスノスケ
22.JPG
白子
23.JPG
ぼたん海老の頭が入ったお椀
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在(2日目) [旅]

2日目は、弟が朝8時半にホテルに迎えに来て、連れ合いを札幌国際スキー場へ連れて行ってくれた。私は2人を見送ってから、徒歩ですすき野へ。昨年初めて行って気に入った「SPA safro」で、のんびり1人の時間を楽しむことにする。

1.JPG
雪まつりが終わった大通り公園は閑散としている。

スパは、一応天然温泉をうたっていて、入浴料金は1日2,900円。大浴場や露天風呂のほかにジャグジー、サウナ、ミストサウナ、岩盤浴がある。休憩所にはリクライニングチェアがいくつもあり、女性専用食堂もある。部屋着やタオルも用意されているため、手ぶらで行けるのがいい。昨年はタイ式マッサージを頼んだのだが、今回は予約がいっぱいとのことで断念。

2.JPG
昼はビールにそば。幌加内のそば粉を使っているとかで、意外に美味しかった。

4時間ほどスパで過ごし、帰り道に二条市場に寄って、ホテルに戻った。ミストサウナや岩盤浴で汗を流したせいか、テニスより疲れた。

3.JPG4.JPG
二条市場。午後2時頃に行ったので、人はまばら。昨今は海外からの観光客が多いらしい。

5.JPG
心配したが、一度も転ばずに滑ったそうで、体はちゃんと覚えているみたい。

6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
2人とも疲れて、外に食事に行く気になれず、ホテル内のビアレストランで夕食。宿泊者用のセットメニュー(前菜、桜鱒のソテー、知床斜里産麦王豚のグリル、鮭のあら汁、ご飯、ワンドリンク付きで2,950円)にした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌滞在(1日目) [旅]

年に一度の連れ合いの兄弟スキーに同行して、札幌に3泊して、本夕帰京。滞在中は好天に恵まれ、暖かで、外を歩いても全く寒さを感じないほどだった。

昨秋、タイムセールのお知らせメールがANAから届いた。往復航空券に札幌の常宿、グランドホテル3泊(朝食なし)で1人49,500円。安い!とすぐに予約した。ホテルにチェックインしたら、3連泊ですので、お部屋をグレードアップしてありますと告げられた。確かに今までよりいい部屋で快適に過ごせた。

夜は、札幌に行けば必ず寄る「クネル」で弟2人と4人で夕食。今年は義妹たちが仕事や用事で参加できなかったのが残念。シェフのYさんご夫婦と三田のコートドールの話などをしてきた。

食べた料理(アラカルトで)
〇前菜:ポロネギのスープ(夫と私)
    牡蠣のソテー(夫)、白子のソテー(私)
〇主菜:名寄産ひまわり畑ポークのロースト(夫)
    エイとキャベツのシェリーソース(私)
〇デザート:アイスクリームとイチゴソース(夫)、イチゴのミルフィーユ(私)

2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG
自家製パンも美味。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスクルーズ(2日目) [旅]

朝5時に起床して、お茶を飲んでから6時オープンの11階の展望浴室へ。夜は混むと書いてあったので、前夜は部屋のシャワーのみにした。10人くらいが入れる大きさだったが、ゆったりと湯舟に浸かることができた。

部屋に戻ったら、窓から太陽が顔を出したが見えたので、あわてて8階デッキへ。T君一行も来ていて、皆で見事な日の出を見物する。

1.JPG2.JPG
娘さんのYちゃんも出てきてくれて、船上生活の話を聞く。

5.JPG6.JPG
クリスマスの飾り。1日目は部屋に戻るまでインフォーマルの装いと決められていたが、2日目はカジュアルでOKだった。

4.JPG
朝食は全員和食。洋食はビュッフェスタイル。

7.JPG
駿河湾から戻る途中に見えた富士山

朝食後、9時からシアターで映画『めぐり逢えたら』を見る。トム・ハンクス、メグ・ライアン主演の25年前の映画。ロマンチックコメディで、楽しめた。

8.JPG8-1.JPG
ランチまで少し時間があったので、似顔絵を描いてもらう。代金2千円。

9.JPG10.JPG11.JPG12.JPG
ランチも決まったコース料理。メインは黒豚のロースト。.

14.JPG
ベイブリッジが見えてきた。1時半に接岸して、2時近くに下船。滞在時間22時間のクルーズはあっという間に終了。つかの間の非日常を味わうことができて、よかった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスクルーズ(1日目) [旅]

昨日、横浜港から「Pacific Venus」に乗船し、1泊のクリスマスクルーズを楽しんできた。田舎の親戚の娘さんがクルーズで上演されるミュージカルに出演すると聞いたのがきっかけで参加。

クルーズはエジプト旅行の折、ナイル川で経験しただけで、大型船は初めて。12層あり、乗客定員620名、乗組員204名という大きさ。たった一晩では、すべての施設を利用できなかった。

1.JPG
夕方4時に乗船

3.JPG
宵闇迫る中、5時に出港。

4.JPG
出港と同時に8階のボートデッキで、出港セレモニー。スパークリングワインとジュースが振舞われた。.

5.JPG
2番目に安い船室で、1人47,000円。

6.JPG
船内全体がクリスマス仕様。.

8.JPG
ドレスコードはインフォーマル。男性はスーツかジャケットにネクタイ着用。

9.JPG
ディナーは2部制。.私たちは田舎から来た4人と5:15から食べた。

10.JPG11.JPG12.JPG
メニューは決まったコース料理。このほかにアミューズ、前菜3種盛り合わせ、スープ、シャーベットが出たが、すべて少量で朝ご飯が待ち遠しかった。

夕食のあと、大ホールでミュージカルを見る。孫の晴れ姿を見た88歳と78歳のお祖母ちゃん2人は大興奮。T君夫婦は、お互いの母親を連れてきて、しっかりと親孝行して帰って行った。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台北での過ごし方(4日目:なじみの公園で人ウオッチング) [旅]

最終日、瀧乃湯に行こうかなとも考えたけれど、近場の公園をゆっくり散策することにした。ホテルから中山南路を歩いて、中正紀念堂がある自由廣場へ。それから、二二八和平紀念公園へと歩き、ホテルに戻った。

部屋で一休みして、12時にチェックアウト。荷物を預けて、MRT古亭駅徒歩数分の「蘇杭点心店」で昼食。食事のあと徒歩で南門市場に寄る。ホテルから空港へはタクシーを使った。タクシー代は千円。初乗りが70元(280円)で安い。空港で時間があったので、搭乗待合室にあるマッサージ屋で、連れ合いは足、私は上半身のマッサージを30分受ける。600元(2,400円)で、こちらは高かった。

2.JPG
東門

3.JPG
中正紀念堂から広場を見下ろす。

4.JPG5.JPG
日本から修学旅行生がたくさん来ていた。出発前に日本統治時代や大戦後の台湾の歴史を教わるのだろうか。

6.JPG
何度も見ているが、ちょうど9時の衛兵交代があったので、見学。

7.JPG8.JPG9.JPG10.JPG
体操をしているグループや個人があちこちで見られる。一人でできる器具が設置されている公園も多い。

11.JPG
餌で雀を呼び寄せている女性

12.JPG
保育園児の散歩

13.JPG14.JPG
ペットを散歩させている人が行くたびに増えている。

15.JPG16.JPG17.JPG
介護者はインドネシアからの女性。日本も近い将来、そうなるのでは。

19.JPG20.JPG
和平公園のリス

21.JPG
小菜。自分で好きなものを取る。
22.JPG23.JPG
インゲンとひき肉の炒め、龍髭菜
24.JPG
海老とヘチマの小籠包
25.JPG
蒸し餃子
26.JPG
胡麻の小籠包。缶ビール1缶と料理で、2,500円。

27.JPG
松山空港の本屋に置いてある日本旅行のガイドブック。5段の棚の内、3段は日本で、あとは中国と韓国旅行向け。台湾の人たちにとって、日本がいかに人気のある行先か納得。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台北での過ごし方(3日目:大安森林公園を散策) [旅]

3日目は、まず徒歩10分の朝食店「阜杭豆漿」へ。ホテルは今回は朝食付きだったが、昨年この店で食べて美味しかったので、1回だけ行くことにした。ホテルに戻ってから、果物とコーヒーだけいただく。

1.JPG
6時ちょっと前に着いたら、既に食べている人がいた。店で食べるより、持ち帰る人が圧倒的に多いため、行列ができていてもテーブルは空いている。

2.JPG
ネギを練り込んだ生地を窯に貼り付けて焼く。

3.JPG
卵焼きを挟んだ「薄餅夾蛋」、パイ生地のようにさくさくとした皮の中にネギや切り干し大根が入っている「小餅」、豆乳のような自家製の「豆漿」。

4.JPG
帰りにホテル近くのセブンイレブンに寄ったら、新聞を読みながら朝ご飯を食べている人がいた。

ラッシュ時間を過ぎた9時過ぎに台北駅から淡水信義線に乗り、北投温泉に向かう。何度か行っている立ち寄りの湯「瀧乃湯」で温泉に浸かるのが目的だったのだが、到着したらなんと休み!水曜日が定休日とは知らなんだ。仕方なく、行ったことのない大安森林公園に変更する。

5.JPG
新北投駅で見かけた充電エリア

6.JPG
北投公園で太極拳をするグループ

7.JPG8.JPG
北投公園に咲いていた花

9.JPG
淡水線の車中で隣り合ったおばあちゃんとお孫さん。

10.JPG
大安森林公園は淡水線の「大安森林公園」駅前にある。

11.JPG12.JPG
池のほとりに陣取って、鳥の写真を撮っている人。鳥の写真を見せてもらった。

13.JPG
インドネシア人のメイドと散歩する老人。メイドはスマホを見ながら歩いている。

14.JPG15.JPG16.JPG17.JPG
池の周りの鳥たち

18.JPG19.JPG20.JPG21.JPG22.JPG
公園で見かけた花

23.JPG
「鼎泰豊」の本店が近かったので、お昼を食べようと寄ったら、相変わらずの混雑ぶり。20分ほど待って食べた。以下を食して、3千円。サービス料を取るし、美味しいけれどほかの店と比べると高い。

24.JPG
大好きな泡菜
25.JPG
小籠包
26.JPG
野菜の蒸し餃子
27.JPG
豚肉と海老の焼き餃子が旨い!
28.JPG
あんまんは皮がもっちりとして美味。

再び南門市場に寄り、ホテルに戻って、ゆっくりくつろぐ。夜は、徒歩10分の台湾大学校友会館の2階にある浙江料理の店「蘇杭」で夕食。何年か前に一度食べたことのある店で、どの料理にも満足したが、3品しか食べられなかったのが残念。

29.JPG
豆苗の炒め
30.JPG
白菜、豆腐、鶏ひき肉団子の煮込み
31.JPG
酢豚。骨付きの肉が美味しかった。これらの料理にビール1本、サービス料10%で4千円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台北での過ごし方(2日目:動物園でパンダに会う) [旅]

2日目は晴天との予報を聞き、台北市立動物園に行くことにした。二十数回目の台北滞在で、動物園は初めて。台北駅からMRT板南線に乗り、忠孝復興駅で文湖線に乗り換え、終点の動物園駅へ。開園時間の9時に着いたら、人影がまばら。お目当てのパンダをじっくり見ることができた。

1.JPG
アジア最大級の台北市立動物園

2.JPG
台北に行くたびにチャージして、使っているEasyCard。電車、バス、セブンイレブンなどで使用可。動物園の入場料60元もこれで支払った。

4.JPG5.JPG
2頭のパンダがいて、上は屋内、下は屋外。パンダは二十数年前成都で見て以来だったが、やっぱり可愛くて見飽きない。

5-1.JPG6.JPG7.JPG8.JPG9.JPG
動物たちは自然の中で暮らしている風に見える。

11.JPG12.JPG
園内は広大で、森の中に動物が住んでいるという感じ。乗らなかったが、園内移動のための小さな電車もある。

0.JPG0-1.JPG
注意書きを読んで、上を見上げたら、木に固そうな実がなっていた。それにしても漢字はなんとなく意味が分かるから便利。

13.JPG
池のほとりで出会った人。静かで自然が楽しめるので、毎日のように動物園に来ているとか。

10.JPG
ベトナムからの留学生たち。

14.JPG15.JPG16.JPG17.JPG19.JPG
いろいろな花が楽しめた。

20.JPG
帰りに中正紀念堂駅で下車して、南門市場に寄る。いつもの大連食品で買い物。3日続けてここに通う。

21.JPG22.JPG23.JPG
お昼は通りがかりの店で。小菜2皿に連れ合いは牛肉麺、私は鶏肉飯。これで約900円。

24.JPG25.JPG26.JPG27.JPG
夜はホテルから徒歩十数分の「龍門客棧餃子館」へ。開店(夕方5時)前に着いたら、既に行列が。バラックのような建物だが、味がよくて人気があるらしい。並んでいた人のほとんどは持ち帰りだった。水餃子を10個入り2皿頼んだら、1個が大きいので多すぎると身振り手振りで言われ、1皿にする。キュウリも茹でピーナツも量が多くて、お腹いっぱいになったが、餃子がとても美味しかったので、餃子だけ1人で10個食べればよかった。ビール1本飲んで、全部で約1,100円。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台北での過ごし方(1日目:なじみの店で夕食) [旅]

昨夜、台北より無事帰国。晴れると気温が30度近くまで上がり、暑かった。半袖を持参すれば良かったと後悔したほど。今回ものんびり街歩きを楽しみ、そこに暮らしているような過ごし方をしてきた。

昨年までは、羽田ー台北往復航空券が諸税込みで5万円前後だったのに最近は1万円以上値上りしている。10月初めにチェックした際、最も安いのが7万円だった。どうしようかなと思案していたら、ANAからタイムセールのお知らせメールが届く。泊まりたいと思っていたホテルの宿泊3泊付きで、なんと70,380円。安い!と即予約。

羽田を12:40に発って、松山空港に16:00に到着。MRT(地下鉄)で、台北駅出口から徒歩十数秒の天成大飯店(コスモスホテル台北)へ。昨年宿泊してみて、交通の便がよい、古いが清潔、温水洗浄型トイレが付いていることからお気に入りの宿になった。

部屋で一休みしてから、永康街に向かい、台北に行くと必ず寄る「喫飯食堂」で夕食。ここは料理の量が大・小の中から選べるのがよい。それでも、2人だけだと4皿しか食べられなかった。

DSC00782.JPG
今回はご主人と奥さんに会えなかった。
DSC00783.JPG
これでも生ビール
DSC00786.JPG
芥藍の炒め
DSC00785.JPG
牡蠣とネギの炒め
DSC00789.JPG
レバーの炒め煮
DSC00790.JPG
イカ団子
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感