SSブログ
2021年08月| 2021年09月 |- ブログトップ

晴天が続く [暮らし]

今日も抜けるような青空が広がり、絶好の行楽日和。コロナさえなければ、日本全国の行楽地はどこもすごい人出だったに違いない。シルバーウイークなので、例年なら海外に出る人も多い季節だ。1年半にわたって自粛生活を続けていると、もう以前の生活には戻れないんじゃないかと思うようになった。少なくともあと2-3年はコロナ要注意の日々が続くのだろうな。

今朝は洗足池へ散歩に行く。風がさわやかで気持ちがいい。8時に着いてベンチで10分ほど瞑想して目を開けたら、びっくり。急に人が増えていた。8時頃に散歩に出発する人が多いのかな。帰りはちょっと遠回りしたため、今日の歩行時間は1時間半。5年前イギリスで300㎞歩いた際、1日で最も長い距離は38㎞だった。それを思えば、6㎞なんてちょっとそこまでという距離。

連れ合いの今日の散歩コースはコーヒー豆屋とパン屋。往復十数分だけど、日光や風にあたるだけでもよしとしなきゃ。


1.jpg2.jpg
本日の洗足池

3.jpg
住宅街のムラサキシキブ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おはぎで季節を知る [友達]

昨日、元同僚のEさんから、明日おはぎを持っていくわねとメールが入った。そうか、もう彼岸なんだと気づく。明日が彼岸の入り。春の彼岸にも彼女からおはぎをいただいたことを思い出す。それから半年が過ぎたのか。


1.jpg
Eさん手作りのおはぎを昼にいただく。あんこがちょうどよい甘さで、美味しかった。

昨日は部屋から一歩も出なかった連れ合いを外に出すため、炭酸水や洗剤を買いたいから、スーパーに一緒に行ってと頼む。今までなら、私が店内で商品を探していると、早くしろと怒鳴ったものだが、薬の効果で不穏にはならなかった。重いのを持たせたら、家に帰り着くなり、疲れたとつぶやいていたが・・・

午後、雲ひとつない青空の下、爽やかな風に吹かれながら林試の森までウオーキング。普段は朝に歩くことにしているが、今日は目的があった。1カ月ほど前に林試の森へ向かう途中に春巻き専門店を見つけた。テイクアウトできると書いてあったので、店が開いている時間に行って、一度買ってみたいと思っていたのだ。揚げ春巻き2本と生春巻き2本を買って、夕飯に食べた。どちらも期待したほどでなく、がっかり。持ち帰りは「にしむら」の鰻に限るというのが結論。


2.jpg
今日の林試の森は好天の休日とあって、大賑わいだった。

3.jpg
揚げ春巻き1本240円。注文してから揚げてくれた。食べる前に、アルミホイルに包んで両面焼きの魚グリルで温めた。生春巻きよりこちらのほうがいい。

4.jpg
豚しゃぶとオクラの生春巻き1本390円。中身はサニーレタスが8割で、値段の割にはお粗末な内容。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「コンタクト・ゾーン」を読む [読書]

朝から断続的に激しい雨。8時頃にいったん弱まったので、鍼灸院の予約を取り、9時に家を出る。こんな雨の日の電車はガラガラかと思ったら、結構席が埋まっていた。運が良いことに行きも帰りも小雨程度ですんだ。

このところ篠田節子さんの作品を続けて読んでいる。今週読み終えたのは「コンタクト・ゾーン」。東南アジアの島にある高級リゾートホテルに日本からやって来たのは、30代半ばのシングル女子3人組。日頃のうっ憤を晴らし、ブランド品を買いまくって帰国するつもりでいたら、内乱に巻き込まれてしまう。滞在客らが皆殺しにされたホテルから命からがら逃げだし、たどり着いたのが同じ島の山間部。テレビが1台しかない未開の村で、村人たちにかくまわれながら、彼女たちは三者三様の生き方で、サバイバルに挑む。

かつて日本軍がこの島を蹂躙したという歴史も知らず、贅沢三昧のバカンスを過ごそうとやって来た女性たちがゲリラや村人と過ごすうちにさまざまなことを学び、たくましく変わっていく様が痛快。かなり長かったけど、面白かった。

1.jpg
2.jpg
目黒線緑道の花壇の花
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

欲が出て、再びのギンナン拾い [暮らし]

明日は一日雨との予報に今朝もウオーキングに出かけた。洗足池に向かう際は、いくつかの住宅街を通る。並行して何本もの路地が通っているので、毎回異なる路地を歩くことにしている。そうすると、家や花など、いろんな発見があって楽しい。

池を一周したあと、いつも瞑想するお気に入りのベンチに今日はだれかが座っていた。それで、さらに一周する。一周目はギンナンが落ちていても無視したが、二周目にやっぱりもう少しストックがあったほうがいいかなと欲が出た。素手で拾って、常に持っているポリ袋に放り込む。帰宅後、ゴム手袋をして、すぐさま外皮を取り除いて、よく洗って干した。明日からまた、連れ合いに殻むきを頼むつもり。


1.jpg

望遠レンズで写真を撮っていた方に鳥の名前を聞いたら、ゴイサギ(五位鷺)とのこと。夜行性で昼間はじっとしているのだそうだ。平家物語にも登場する鳥らしい。

2.jpg
住宅街で見たジンジャー。葉っぱが生姜の葉に似ている。

3.jpg

連れ合いと買って来たパン。彼の分は常にアンパンとクリームパン。私は毎回違って、今日はクリームチーズ入りパンと洋梨のタルト風パン。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花がかわいそう [つぶやき]

散歩先は洗足池が続いたので、今朝は林試の森へ。5日ぶりに行ったら、そこかしこに彼岸花が咲いていて、ちょうど見頃だった。自然は数日で様子が変わる。

女性3人組とすれ違う際、彼岸花がきれいですね、巾着田を思い出しますと話しかけたら、その中のおひとりが私も行ったことがあるわ、本当に素晴らしいわよね、でも、去年も今年も人が集まらないように開花前に切ったそうよとおっしゃったので、驚いた。

帰宅して、巾着田のホームページを見たら、本当だった。それまでする必要があるのかなと思ったが、地元の人にとっては経済効果よりもコロナ感染が拡大したら大変だと判断したのだろうな。苦渋の選択だったと思う。それにしても、人間界の都合で2年続けて花を咲かせることができなかった曼殊沙華がかわいそう。

1.jpg
林試の森

3.jpg
猫が顔洗い中。

4.jpg
目黒線緑道の端に木槿の花が並べられていた。花壇を手入れしているボランティアの方が落ちた花を拾って並べたのかな。

2.jpg
林試の森へ向かう途中に見た白い彼岸花。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3週間遅れの散髪 [暮らし]

今朝も洗足池まで歩いて来た。習慣になると、約5㎞の道のりを歩くのは面倒でなくなる。歩く速度も上がったような気がするし、あまり疲れなくなった。

連れ合いは午前中、私は午後にいつもの美容院で髪をカットしてもらった。5週ごとにカットしていたのだが、今回は事情があり、3週遅れて8週間ぶり。急性虫垂炎で入院するため、当分の間休業しますと店主からメールが届いたのがちょうど1カ月前。その後の様子はフェイスブックで知ったのだが、腹膜炎を起こしていてあと1日遅かったら、命がなかったと医師に言われたらしい。

今日、その顛末を聞いた。救急車を呼んでも受け入れてくれる病院がなく、最終的に診察だけならと言ってくれた病院は板橋区内。それまで5-6時間、彼のベッドの脇で救急隊員がスマホで受け入れ先を探していたのだとか。腹痛、嘔吐、発熱が症状だったが、コロナも除外できなかったため、余計に困難を極めたらしい。彼の居住地、目黒区から板橋区の病院に救急車で運んでもらい、検査を受けたら、緊急手術になってしまった。どの科も満床で、コロナ病棟にベッドを入れてもらって、その病院で2週間の入院生活。体温が37℃を超えるたびにPCR検査をやられたそうだ。

コロナでなくとも入院できないとなれば、急病の場合は一体どうすればいいの。病気にならないことを願うしかないのか。

16315759747190.jpga.jpg
洗足池で見た金木犀とピンクの夾竹桃
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギンナンの始末を終える [暮らし]

曇天の一日で、夕方から雨が降りだす。真夏日だった昨日とはうって変って、涼しかった。朝、洗足池まで歩いたが、長袖のシャツにすればよかったと思ったほど。

先だって洗足池で拾ったギンナンの始末を終えた。拾った日に外側の臭い部分から殻付きの実を取り出し、よくよく洗ってから2-3日干した実を料理にすぐ使える状態にして、冷凍した。殻を割って中の実を取り出すのは連れ合いの役目。ペンチで割れ目を入れてから、手で割って取り出す。ペンチで強く挟むと実が潰れてしまうので加減が難しい。毎年秋の恒例作業で覚えていたらしく、今年もちゃんとやってくれた。

いっぺんにたくさんやると飽きるので、毎日25粒にした。私はそのあと、薄皮付きの実をお湯を沸かした鍋に入れ、弱火の状態でおたまでかき混ぜる。すると、薄皮が簡単にはがれる。それをラップして、フリーザーバッグに入れ、冷凍保存。6包みできたから、150個分。小粒でも会津料理のこづゆや中華風炒め物には重宝する。


1.jpg
薄皮がついた状態。

2.jpg
お湯の中で薄皮をはがし、乾かしてからラップで包んで冷凍。

3.jpg
1回分を冷凍にしないで、鶏肉・ピーマン・キクラゲのオイスターソース炒めに入れた。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

タクシーでテニスレッスンへ [テニス]

先週、連れ合いはテニスレッスンのあと、駅からの約1.3㎞の道のりを歩く際、姿勢が後傾ですり足になり、私が後ろから支えるかたちで1時間くらいかかって、ようやく自宅にたどり着いた。徒歩10分の最寄駅から電車に乗り、2つ目の駅で乗り換えてもいいのだが、通勤で混む時間帯なので、今後はタクシーを使うことにした。

そこで、昨夜タクシー配車アプリ「GO」を急遽インストール。出発の準備が整ったところで、マンションの住所を入れ、「タクシーを呼ぶ」をタップしたら、5分もしないうちに到着しましたと表示され、慌てて玄関に向かう。ところが周辺にタクシーは見当たらない。直後にタクシーが2台通ったが、ナンバープレートを見ると、連絡がきたタクシーのと違う。一体どこにいるのかと思っていたら、ようやくやって来た。うちのマンションの1ブロック後ろの道路にいたらしい。私と同じ苗字の家があったので、そこだと思ったと運転手が言い訳。私は住所さえ入れれば大丈夫かなと思ってしまっていたが、表示される地図上をカーソルで動かして、きっちり指示しないとダメということがわかった。使い方を少し勉強しなきゃ。

テニスコートまで約10分で到着。電車だと40-50分かかるが、やはり車は早い。連れ合いは10年前スペインの巡礼路800㎞を歩く前に、トレーニングでリュックに5㎏のアレイ2つ入れて、テニスクラブを徒歩で往復していた。私も何度か歩いたが、片道50分くらいだった。電車で行くのと変わらない。

帰りは、お決まりの和菓子屋で買い物。そのあとにタクシーを呼ぶつもりでいたら、駅前だったので連れ合いが電車に乗ると言い出す。いつもの遠い駅から歩くことはやめて、一度電車を乗り換えて近い駅で降りた。


2.jpg
昨日、洗足池で彼岸花を見て、巾着田を思い出した。三度行ったことがあるが、一面真っ赤な花に彩られ、見事だった。
巾着田の記事:https://clifton.blog.ss-blog.jp/2011-10-04
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薬が効いている [暮らし]

すっきりしない天気が続く。起床時に降っていた小雨が朝ご飯の後片づけを終えた頃には止んだので、今朝も洗足池に向かう。今までで一番早い時間、7時15分に家を出た。走っている人、歩いている人に交じって、犬を散歩させている人が結構いた。朝早いほど犬族が多いようだ。

昼近くに連れ合いといつものパン屋とコンビニへ。水を買ったら持ってくれる?と行く前に聞いたら、持つと言うので、コンビニに寄る。以前はこんな重い物を持たせてなどと文句を言ったこともあったのに、エコバッグに2ℓ入り水を1本入れたら、すぐに私の手からバッグをとり、自分の肩にかけた。

ここ2-3日は精神科で処方された貼り薬を半分に切って使っている。それでも大声をだしたり、不穏な状態にならずにすんでいる。今まではいつ沸騰するかわからない状態だったので、全く気が抜けなかったけれど、大分気持ちが楽になった。


1.jpg
日曜の朝は抹茶。生菓子はもみじに変わった。

2.jpg
昨日食べ過ぎたので、今朝はおかゆにした。自家製の山椒ちりめんと義妹の手作り梅干しをのせて。

3.jpg4.jpg
今朝の洗足池
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1カ月ぶりの外ご飯 [食べる]

今朝のウオーキングは林試の森公園へ。先日鰻を買いに「にしむら」へ行った時は園内を通り抜けただけだったので、今日はあちこちの小道をくまなく歩いて来た。週末の朝とあって人が多かったが、犬を散歩させている人は小道を通らないため、歩きやすい。


1.jpg2.jpg
腐葉土の上を歩いているように感じる小道もある。

3.jpg
目黒線の緑道に咲く朝顔。ボランティアの方々がお世話をしているらしい。ヤマモモとお花をいただいた女性に今日も会った。

お昼を食べに池上の「厨房しらかわ」を訪れた。連れ合いのワクチン接種で大森に行った際に寄って以来だから、3カ月ぶりか。牡蠣が厚岸産から仙鳳跡産に変わっていた。やっぱり仙鳳跡産のほうがまったりとした濃厚な味で私の好み。連れ合いはマスターと握手して帰って来た。

外で食べたのは先月の「コートドール」以来1カ月ぶり。駅まで無事歩いて行けるかなとか考えると、外食するのもつい面倒に感じてしまう。でも、行けるうちになじみの店には行っておこうと思い直した。電車は行き帰りとも座れたし、駅までも駅からもちゃんと歩けたので、行ってよかった。

4.jpg
牡蠣と海老フライのランチ。ノンアルスパークリングワインをご馳走になる。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「弥勒」を読む [読書]

2日ぶりのウオーキングは蒸し暑く感じた。家に戻ってからシャワーを浴びたのは久しぶり。2日間引きこもっていた連れ合いを外に出すために、昼近くにパン屋へ。エレベーターが点検中で使えず、階段を下りる羽目になる。本人も不安なのか私が手すりにつかまって下りていたら、同じようにしていた。3階なので、ついこの間までエレベーターを使わずに下りていたのに帰りも手すりにつかまって上がった。

篠田節子著「弥勒」を読んだ。新聞社の事業部で美術展開催などの仕事をする永岡は、かつて訪れたことのあるヒマラヤの小国パキスム王国に政変が起き、一切情報が入ってこなくなったことを知る。出張でニューデリーに行った彼は1週間の休暇を取り、パキスムで何が起きたのか自分の目で確かめようとインドから潜入する。

首都カタ―で永岡が見たのは、無人となった街の寺院に折り重なる無数の僧や尼僧の死体だった。インドに戻ろうとする永岡は途中で革命軍に捕らえられ、山村のキャンプで強制労働をさせられる。やがて軍が決めた相手と集団結婚までさせられ、壮絶な日々を送ることになる。あらゆる宗教を否定し、子どもは親ではなく集団で育て、大人は共同で農作業をして、食事も同じものを一緒に食べる。すべてが平等という原始共産制を押し進める革命軍は殺戮を繰り返し、やがて理想とはかけ離れた方向に行きつく。

訪れたことのあるチベットやインド、それにブータンを時折思い浮かべながら読んだが、ノスタルジアに浸っているゆとりはなかった。永岡が極限状態で体験する出来事が読み手に緊張を強いるからである。宗教、信仰、政治、文化、人権など突きつけられるテーマが多くて、読み終えたら、ぐったりと疲れた。でも読み応え十分の作品。


1.jpg
洗足池の水面に映る雲

2.jpg
萩の季節

3.jpg
田舎の友達から大きな桃が届く。シーズン最後に送ってと頼んでおいてくれたらしい。実が大きいのは、遅霜でやられて実の数が少なかったせいとか。早速3時にいただいたら、さすが福島の桃、美味しかった!今頃桃が食べられるなんて、幸せ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月下美人が2年ぶりに開花 [暮らし]

降りしきる雨の中を出て行く気になれず、2人で一日中引きこもり。家の中で行ったり来たりして、少し歩かないとスキーができなくなるわよと連れ合いに言ったら、新聞を取って来たとのたまう。玄関までたったの数歩じゃないの、歩いたうちに入らないわよ。

2年ぶりに月下美人が花をつけた。二夜続けて、ひとつずつ咲く。何年か前にテニスクラブのNさんから枝を分けていただき、挿し木したもの。一年中ベランダに出しっ放しで、たまに水をやるだけで、植え替えも肥料もやっていない。それでも生きているからエライ。


3.jpg2.jpg1.jpg
つぼみが膨らんできたら、花を見逃さないように部屋に入れる。夜8時頃に開花。独特の癖のある香りがする。


4.jpg

朝6時に起きたら、既に花はしぼんでいた。


5.jpg

2個分の花の雄しべと雌しべを取り除き、サッと茹でて、ポン酢を掛けて食べた。無味無臭で、ちょっとぬめりがある。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心が揺れる [つぶやき]

朝ご飯の後片付けをして洗濯物を干してから、ウオーキングに出発。8時頃になると学校に向かう小学生で歩道がにぎわうが、今日は7時半に出たので静かだった。秋雨前線が停滞して以来、低温が続いていて、いつのまにかセミの声も聞かれなくなった。あっという間に秋になってしまった感じ。

午後、私一人で精神科を受診。31日に連れ合いと受診した際、処方された貼り薬が9日分だったため、病状の報告をする。風呂上がりに体に貼り、24時間そのままにしておいて、また入浴のあとに新しいのを貼るという使い方の薬。驚いたことに使用開始した翌日から劇的に効いて、大声で怒鳴ったり、イライラしてトイレや風呂場のドアを力任せにバタンと閉めたりという行動がなくなった。”疲れた”のつぶやきも激減。たまに口から出てもささやくような声でつぶやいている。

3年ぶりに平和な生活が戻ったのはいいが、一方ではいまいち元気がなくなった姿を見ていると、なんだか不憫に思えてくる。先生にどういう訳か単純に喜べなくて、心が揺れるんですと話したら、昔の穏やかなご主人に戻ったのだから、いいんじゃないですかと言われた。確かにそうではあるけれど、連れ合いの意志を封じ込めたようで、複雑な気持ち。


a.jpg
本日の洗足池

b.jpg
痛めたのか生まれつきなのか、右足が動かない鴨。

c.jpg
小さな赤い木の実を食べている鳩。
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに鰻を堪能する [食べる]

今日は晴天との予報に洗濯機を3回も回してしまった。ガーゼケットなど大物も洗い、満足感に浸っていたら、期待したほどお日さまはお出ましにならなかった。それでもテニスのリストバンド以外は乾いたから、まあいいか。

11時頃、連れ合いと一緒にコンビニとパン屋へ。水とお昼用のパンを買って来た。水は連れ合いが持ってくれた。お昼の支度をしていて、朝スーパーで買ったブドウを洗おうとしたら、冷蔵庫の中をくまなく探しても見当たらない。レシートは店のゴミ箱に捨ててきたけど、買ったのは間違いないのにと考えて、ハタと思い当たった。野菜類をたくさん買ったのだが、持参したバッグに入れる時にブドウは潰れるから最後に入れようと、かごから出しておいたのだ。それを入れ忘れたに違いない。私もボケ始めているのかも。

午後から不動前の「にしむら」に鰻を買いに行くことになっていたので、その帰りにスーパーに寄ることにした。「にしむら」まで往復1時間15分歩いたあとにスーパーへ。実は買ったブドウを忘れたみたいなんですけどと係の人に話した途端、これですかとシャインマスカットを持ってきた。いいえ、私のは黒い巨峰で680円のですと言ったら、すぐに巨峰が登場。ブドウを忘れた人がほかにもいたことがわかって、ちょっと安心した。


a.jpg
夕方の空は秋の空。

b.jpg
今までは蒲焼きと白焼きを1串ずつ買っていたが、今日は蒲焼きのみ2串。鰻丼にして、思い切り食べる。前回は6月末に行き、帰りに連れ合いが転倒して怪我。それ以来の「にしむら」だった。鰻を買いに行く時はいつも2人だったが、もう連れ合いは無理。本人も一緒に行くとは言わなくなった。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またしても姿勢反射障害が起きる [テニス]

今日は連れ合いのテニスレッスン日。雨を心配したが、なんとか天気が持ってくれた。駅まで歩くのに歩幅が狭く、すり足気味で、30分もかかってしまう。降りた駅からテニスコートに向かう道は坂になっていて、歩いている時しんどそうだったので、果たしてテニスはできるのかと不安だったが、なんとかこなした。終わる頃にTちゃんが会いに来てくれて、しばしおしゃべり。

いつもの和菓子屋に寄り、駅に行ったら、今度は階段を下りるのが危なっかしい。私が手すりにつかまって先に下りて、同じようにするように言う。電車に乗るまでハラハラし通し。降りた駅ではタクシーはつかまらないため歩きだしたけれど、体が後ろに傾きがちになる。連れ合いが背負っているリュックを私が押して、倒れないようにしながら歩いたが、ますますちょこちょこ歩きしかできなくなり、朝の2倍、1時間近くかかった。ようやくマンション前にたどり着いたら、管理人さんがいて、部屋まで手を貸してくれたので助かった。雨に遭わなかったからよかったものの、それにしても疲れた!

6月、散歩中に転んだ時は体が前に傾いてしまい、立て直せないまま転倒。先月中旬に家で朝食時に横に傾き、立て直せずにうつ伏せ状態で2-3時間。そして今日は後ろに傾く。いわゆるパーキンソン症候群の症状のひとつ、姿勢反射障害のようだ。パーキンソン病の治療薬は、症候群には効かないらしいから、転倒しないように見守るしかない。


Coast 2.jpg
昨日、5年前イギリスのCoast to Coast を一緒に歩いたカナダ人から、9月5日に目的地Robin Hood's Bay に着いたんだったねというメールと共に何枚かの写真が送られてきた。15日間の旅を懐かしく思い出す。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユーチューブの楽しみ [暮らし]

朝、雨が止んでいたので、7時半に散歩に出発。ところが、10分くらい歩いたら雨が降り出した。大丈夫だろうと思って、傘を持って出なかったため、迷った挙句に戻ることにした。午後には天気が回復したが、マンションの理事会があり、ウオーキングは断念。連れ合いとパン屋へ、1人でスーパーへ行ったのを足せば、なんとか1時間は歩いたことになるかな。

この2カ月間、ユーチューブをチェックするのが日課になっている。メジャーリーガーの大谷翔平選手の活躍を見るためだ。今日もホームランを打ったが、そういう時はたくさんの人がユーチューブにアップするので、楽しみ。同じホームランのシーンでも撮る角度が違っているし、ダグアウトの様子やウオーミングアップを撮った動画もある。

MLBの公式サイトだと、アメリカ人のコメントがたくさんついていて、それを読むのが面白い。久しく野球に興味を失っていたけど、大谷の活躍で毎晩MLBのハイライトを見るようになった、百年に一度の天才的な選手を自分の目で見られるのは最高の幸せ、大谷は漫画を越えてしまっている、MVPだけでは十分でないから特別な賞を与えるべき、謙虚で人間的にも素晴らしい、純粋でまるで野球少年そのもの、等々。

記録はとやかく言わないから、故障することなく、シーズンを全うしてほしい。


a.jpg
今朝の抹茶

c.jpg
涼しかったので、煮物を作った。鶏もも肉・人参・こんにゃく・干し椎茸・凍み大根・昆布
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍼灸治療でリラックス [暮らし]

今日も時折弱い雨が降る天気で、もう3日間洗濯物を外に干していない。部屋干しにして、最後に風呂場の乾燥機を2時間ほどつけて、乾かしている。

今朝は歩くのを止めて、朝いちで鍼灸院へ。全身に鍼を打ってもらうと、とにかく身体がリラックスして体調が良くなる。月に一度、骨粗しょう症の注射のために整形外科に通院しているだけなので、私の医療費はわずか。それにサプリメントの類は一切飲んでいないので、鍼治療は健康維持に欠かせない経費と割り切っている。

第一土曜は、いつも買っているお茶屋の特売日。午後、雨が止んだ時を見計らって、まとめ買いして来た。毎朝煎茶を飲んでいて、しかも濃いのが好きなので、100gはすぐになくなる。お茶だけは常に数袋のストックがないと不安。


a.jpg
木槿と百日紅は夏の間ずっと咲いている。

1.jpg
鰹をたたきにして食べるのに飽きたので、ニンニク醤油にちょっと浸しておき、サッと焼いて食べた。今頃の鰹は脂がのってきて美味しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

予想外のことが起きる [暮らし]

前線が居座っているらしく、梅雨のような空模様。昨日ほど強い雨でなかったので、レインコートを着て、一番軽いビニール傘を差して、8時頃に散歩に出かけた。洗足池を一周したが、数人に会っただけ。さすがに傘を差してまで歩きに来ている人は少ない。好天の時とはまた雰囲気が違って、静寂さに包まれた池のほとりで鯉や鴨を眺めていたら、なんだか気持ちが落ち着いた。

9時半頃に帰宅したら、連れ合いが長ズボンとジャンパーに着替えていた。既にマスクまでしている。11時頃にいつものパン屋に行くからねと言ってあった。外は半袖・短パンでは寒いから、出かける時にはこれを着てと出しておいたのを私が散歩中に着替えてしまったらしい。時間的な感覚が失われてきているようだ。

パン屋から戻って、びっくり。ジャンパーを脱いだら、下に何も着ていなかった!当然家で着ていたTシャツの上に着たとばかり思っていた私はあっけにとられたが、気付かぬふりをする。着る服を自分で選べなくなって2年くらい経つけど、まさか素肌にジャンパーを着るとは思わなかった。


1.jpg
雨の中の洗足池

2.jpg
日蓮上人袈裟掛けの松。1282年、日蓮上人が身延山から常陸国に湯治に向かう途中、池上本門寺を訪れる前、千束池で休息し、傍らの松に袈裟を掛け、池の水で足を洗ったと伝えられる。それで、千束池が洗足池と称されるようになった。現在の松は三代目とか。

3.jpg
すずなりのギンナン

4.jpg
名前知らずの花
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

小さすぎるギンナン [暮らし]

一日中雨が止むことがなかった。少し雨脚が弱くなった時を見計らって、スーパーに食材の買い出しに行っただけ。あとは家で本を読んだり、パソコンで動画を見たり、のんびり過ごす。

昨日、洗足池に散歩に行った際、ギンナンを拾ってきた。その前に歩いた時に落ちているのに気付いたが、実が小さそうだし、だれも拾っていないから、どうかなと迷っていた。でも、一度食べてみればわかると昨日はポリ袋とナイロンの手袋を持参。たくさん落ちていたが、枝にびっしりとすずなりになっていた実なので、小さい。帰宅してすぐに中の実を出し、よく洗って、一晩乾かした。今夜、煎って食べてみたが、やはり小さすぎて味もいまいち。そのうちに毎年拾っている林試の森に行ってみなくちゃ。

1.jpg2.jpg
ほぼ1m四方に落ちているため、2-3分でこれだけ拾えた。半分の枝は池に垂れていて、実は池に落ちてしまう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こまごまとした用事に忙殺される [暮らし]

9月に入った途端、昨日までの暑さがウソのような涼しさ。今朝も今まで通りの半袖・七分丈のパンツで歩いたら、それほど汗をかかなかった。

昼近くに連れ合いを伴って、パン屋へ。朝から不穏で、″疲れた″を繰り返していたが、店主には須賀川出身ですよね、郡山の一つ手前のと話しかける。帰りに同じマンションの女性に出会ったら、ダンナは元気?とまた話しかけた。我が家のそば会に見えていた方なので、親近感があるのかな。昼にコーヒーを淹れていて、残っている最後のお湯を鉄瓶から注ごうとしてドリッパーを倒してしまった。たまに手が震えるので、重い鉄瓶を支えきれなかったらしい。それでまた大騒ぎ。私が豆を挽いて、淹れてもいいのだが、プライドがあるのか、疲れたと言いながらもまだ自分でやろうとする。

午後、私は図書館に予約本を取りに行き、その足で病院へ。連れ合いの主治医と面談して、処方箋をいただき、薬局で薬を出してもらって来た。2カ月前までは連れ合いが自分で薬を仕分けしていたけれど、今回は一切手を出さず。精神科で処方された貼り薬を見て、これはなんだと言う。今まで飲んでいたものと同じ成分の薬で、お風呂に入ったあと背中に貼り、1日中貼っておくと説明したら、テニスをした時だけといいのかと聞く。以前テニスのあとに膝に貼っていたものと同じだと思ったみたい。今までと違うことには敏感に気付くのだ。

こまごまとした用事に忙殺されて、今日の昼間は読書するゆとりがなかった。


1.jpg
洗足池に向かう途中に通る家のノウゼンカズラがまだ咲いている。

2.jpg
池のほとりにたたずむカモさん

3.JPG
夏の定番料理、カプレーゼ
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

2021年08月|2021年09月 |- ブログトップ